• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • アクセス・連絡先
  • English

講座・イベント

ホーム> 講座・イベント> 解放令150年ー旧被差別身分の人々は何を...

2021年06月28日(月)

第433回国際人権規約連続学習会

解放令150年ー旧被差別身分の人々は何を獲得し、何を奪われたのかー

(555 KB)

受付中

主催世界人権宣言大阪連絡会議

世界人権宣言

講師:吉田 勉さん(東日本部落解放研究所副理事長)

日時 2021年06月28日(月)13:30~15:30
会場 ①Zoomミーティング  6/25(金)正午までに配信URLをご案内します。
②HRCビル4F研修室  大阪市港区波除4-1-37 
  *緊急事態宣言が延長された場合は設置を中止する場合がございます。
参加費 1000円(税込)
定員 Zoom参加者90名 視聴会場30名
内容 1871年、明治政府は封建的な被差別身分の制度を廃止する「解放令」を発布しました。それに伴い、旧被差別身分の人びとが担ってきた経済的・社会的役割も廃止される一方、それらの人びとに対する差別意識は続きました。
「解放令」から150年を迎える2021年、改めてその意義と問題点を学びます。

お申込みはこちらから  https://forms.gle/337UmCWXdjP6g61x5

申込みフォームをご利用できない方はメール・faxでも受付します。(6/24迄申込先着順)

参加費納入方法その他受講にあたっての諸注意はチラシPDFをダウンロードしてご確認ください。

はじめてZoomをご利用される方はこちらのページをご参照ください。https://blhrri.org/topics/topics_shosai.php?topics_no=1020
お問い合わせ先 世界人権宣言大阪連絡会議(TEL&FAX06-6581-8705 Email udhr@blhrri.org)

※字幕等のご希望は6/18までにご連絡ください